MRが出世を諦めるべきタイミング

MRであるあなたは出世を望んでいますでしょうか?もしも望んでいるのであれば、出世を望む期限を決めるべきです。なぜなら、年功序列、終身雇用の慣例がなくなり、職種自体が絶滅の危機にあるMR職でマネジメント職になれるMRは限られているからです。

40歳前半までにマネジメント職になれなかったMRは、残り20年の雇用期間をMRとして過ごす覚悟をが必要です。もしもこの覚悟がないのであれば、マネジメント職になれる機会が複数回巡ってくる人材になれるように努力すべきです。

具体的には、転職できるMRになるべきです。なぜなら、マネジメント職に就けるMRは優秀であること以上にマネジメント職のポストが巡ってくるタイミングが大切だからです。

そして、この機会を創出するためには現在の会社に留まるよりも、転職により自らマネジメント職になるための機会を創出した方がよいでしょう。なぜなら、マネジメント職のポストが空くかどうか?は外的要因ですので、自らの力でコントロール、解決できる問題ではないからです。

特に、30代であればポテンシャルを期待しての抜擢人事によりマネジメント職になる機会も複数回ありますが、40代であれば完全に実力評価です。

以上より、もしもMRであるあなたが出世を求めているのであれば、現在の会社で30代の内にマネジメント職になる機会が巡ってくるかどうか?検証してみてください。

そして、もしも機会が巡ってくる可能性が低いのであれば、その機会を社外にも求めることができるように準備しましょう。例えば、オンコロジー領域、希少疾患領域のKAM(Key Account Manager)ポジションを経験したMRであれば、現在のMR転職市場では無双できます。

ポストMRに特化した転職エージェント「KAERU-J」を運営中の元MR、元外資系戦略コンサルタント。戦略的に職種変更、給料アップを実現してきた経験に基づいて、MRの方々を中心にした転職活動をお手伝い。転職相談をご希望の方は、Twitter「@So_Yamada_」またはアドレス「kaerujjj@gmail.com」までご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です