MR君を活用するMRを活用するエムスリー

2020年6月8日、エムスリー株式会社はアステラス製薬株式会社に対してエムスリーが提供するリモートディテーリングサービス「my MR君」を提供することを公表した。「my MR君」とは、日本の医師の9割にあたる28万人以上が登録する医療従事者専門サイト「m3.com」を活用し、MRの担当医師に対して自社医薬品の情報提供を実施するサービスである。

従来、エムスリーはグループ会社エムスリーマーケティングを通じて製薬会社のMRの情報活動をデジタル面で支援し、リアル面では製薬会社のMRが実施する併走形式であった。しかしながら、アステラス製薬は「my MR君」をアステラス製薬のMR100%が活用することを公表している。

このニュースを見た時、私は衝撃を受けた。なぜなら、製薬会社とエムスリーの立場が完全に逆転したからである。従来、製薬会社の医師に対する情報活動の主役はMR、脇役がMR君であったが、「my MR君」を機に情報活動の主役はMR君、脇役がMRに置き換わる。実情は分からないが、少なくともアステラス製薬の経営陣はそう判断したのである。

この結果、何が起きるか?それは、MRに求められる職務スキルの変化である。例えば、製薬会社の医師に対する情報活動をMRとMR君で比べると、ディティール回数はMRが200回/月に対してMR君は600回/月、担当医師はMRが100人に対してMR君は1,000人。

つまり、「my MR君」が導入された製薬会社のMRはディティール回数800回/月、担当医師1,100人分の仕事量を最低限こなす必要があるのだ。そうでなければ、従来の併走形式とは何も変わらない。

そして、エムスリーマーケティングは従来のMR君の仕事から「my MR君」を活用するMRのデジタル活用支援の仕事を担うのではないだろうか?そうでなければ、自社のプラットフォームである「m3.com」を顧客である製薬会社に開放する必要がない。

この大きな流れを考えると、製薬会社のMRの最終キャリアである営業所長、支店長のポストは減る可能性が高い。それならば、いち早くエムスリーグループへの転職を検討すべきであると私は考える。

無料会員登録

■事業者の名称 株式会社カエル

■個人情報保護管理者 株式会社カエル

■個人情報の利用目的ご入力いただいた個人情報は、転職支援サービスの申込手続きを行うために利用します。

■個人情報の第三者提供についてご本人の同意がある場合、又は、法令に基づく場合を除き、今回ご入力いただいた個人情報は第三者に提供することはありません。

■個人情報の取扱いの委託について転進支援サービス申込に係わる個人情報を委託することはありません。

■開示対象個人情報の開示等および問合せ窓口ご本人からの求めにより、当社は本件にて取得した開示対象個人情報の利用目的の通知・開示・内容の訂正・追加または削除・利用の停止・消去(「開示等」といいます。)に応じます。開示等に関するお問合せはお客様相談窓口:kaerujjj@gmail.comまでご連絡ください。

■個人情報を入力するにあたっての注意事項ご入力いただいた個人情報に漏れや誤りがあった場合、転職支援サービス申込に係わる手続きができないこと、または、当社からお客様へご連絡ができないことがあります。

■その他本転職支援サービス申込の手続きに関し、本人が容易に認識できない方法(※)による個人情報の取得は行っておりません。※クッキー情報や、ウェブビーコン等による情報の取得、収集制定日 2020年3月1日

ポストMRに特化した転職エージェント「KAERU-J」を運営中の元MR、元外資系戦略コンサルタント。戦略的に職種変更、給料アップを実現してきた経験に基づいて、MRの方々を中心にした転職活動をお手伝い。転職相談をご希望の方は、Twitter「@So_Yamada_」またはアドレス「kaerujjj@gmail.com」までご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です