武田薬品工業、フューチャー・キャリア・プログラム(希望退職)の導入を検討

2020年7月13日、武田薬品工業は「フューチャー・キャリア・プログラム(希望退職)」の導入検討を公表した。フューチャー・キャリア・プログラム(希望退職)とは何か?その概要は明かされていないが、つまりは

Restructuring(リストラクチャリング)

である。武田薬品工業は屋台骨である潰瘍性大腸炎治療薬であるエンタイビオの特許が切れる2025年前後までにすべきことが2つある。

1つ目はエンタイビオの後継品になり得るブロックバスター製品の開発、2つ目はシャイアー買収により抱えた有利子負債5兆933億円の返済である。

現在の武田薬品工業のパイプラインを見る限り、デング熱ワクチン候補(TAK-003)以外はパイプライン候補になりえず、またTAK-003でさえピーク売上3000-5000億円と推定されるエンタイビオの足元に及ばない。

そのため、大衆薬品事業、不動産をはじめ現金になるもの全てを売り払って5兆933億の借金返済をする後者の戦略を着々と進めているのである。負債の利子1%と仮定しても500億円になるので、エンタイビオの安定した収益がある内に借金の元本返済をするしかないのである。

そして、金になるものを全て売り切ったタイミングで新型コロナウィルス感染拡大、前立腺がん/乳がん治療薬であるリュープリンの供給不安が生じた。

その結果、今回の損失を埋め合わせる手段としてフューチャー・キャリア・プログラム(希望退職)という名のコスト削減に着手せざるを得なかったのであろう。

フューチャー・キャリア・プログラム(希望退職)の概要が明らかになっていないが、武田薬品工業のMRをはじめRestructuring(リストラクチャリング)の対象になる組織に属する20代はこれを機に転職を検討することをすすめる。

なぜなら、20代の転職市場における市場価値は学歴、社歴で決まるからである。製薬業界ナンバーワンであるからこそ武田薬品工業出身者は異業種への転職が容易であったが、これからは国内製薬会社といえば中外製薬、第一三共の時代が来るのは必然である。

既に時価総額においては9兆669億円の中外製薬、6兆804億円の第一三共、5兆8672億円の武田薬品工業である。つまり、武田薬品工業は時価総額においては国内3位の製薬会社である。

この事実を真摯に受け止め、会社の価値よりも自身の市場価値を高めることに目を向けよう。もしも、転職に興味があれば下記より無料会員登録後、山田創まで相談してください。 

無料会員登録

■事業者の名称 株式会社カエル

■個人情報保護管理者 株式会社カエル

■個人情報の利用目的ご入力いただいた個人情報は、転職支援サービスの申込手続きを行うために利用します。

■個人情報の第三者提供についてご本人の同意がある場合、又は、法令に基づく場合を除き、今回ご入力いただいた個人情報は第三者に提供することはありません。

■個人情報の取扱いの委託について転進支援サービス申込に係わる個人情報を委託することはありません。

■開示対象個人情報の開示等および問合せ窓口ご本人からの求めにより、当社は本件にて取得した開示対象個人情報の利用目的の通知・開示・内容の訂正・追加または削除・利用の停止・消去(「開示等」といいます。)に応じます。開示等に関するお問合せはお客様相談窓口:kaerujjj@gmail.comまでご連絡ください。

■個人情報を入力するにあたっての注意事項ご入力いただいた個人情報に漏れや誤りがあった場合、転職支援サービス申込に係わる手続きができないこと、または、当社からお客様へご連絡ができないことがあります。

■その他本転職支援サービス申込の手続きに関し、本人が容易に認識できない方法(※)による個人情報の取得は行っておりません。※クッキー情報や、ウェブビーコン等による情報の取得、収集制定日 2020年3月1日

転職はタイミングが9割

転職活動は新卒の就職活動とは違い、活動期間が定められていないという点で大きな違いがあります。そのため、転職者はいつからでも転職活動を開始することが可能です。もちろん、時間(=年齢)は有限ですので、早く動けるのであれば動くべきです。しかしながら、これはあくまでも転職者側の視点であり、企業側の視点ではありません。

そして、転職活動は企業側の視点で考えるだけで合格率が統計学的に有意に上がると言っても過言ではありません。例えば、リクルートエージェントの求人情報の選考内容の欄には下記のように採用人数が掲載されています。

この採用人数が1人なのか?複数人数なのか?で合格率が大きく変わります。なぜなら、前者の採用目的は欠員補充であるのに対して後者は業務拡大に伴う増員である可能性が高いからです。

欠員補充目的の採用である場合、応募者同士の比較に加え、前任者と比較して職務スキルレベルが同等かどうかの即戦力が問われますので合格難易度が高いです。 

一方、業務拡大に伴う増員である場合、企業は職務スキル以上にマンパワーを求めている可能性がありますので欠員補充目的の採用よりも合格難易度が下がる傾向があります。

以上の理由より、転職者は転職活動をいつからでも開始できますが、合格率を上げたいのであれば志望企業が業務拡大に伴う増員目的による採用を実施している時に転職活動の時期を合わせるべきです。

なぜなら、転職者の職務スキルと同様に入社可能時期により合格難易度が変わるからです。そして、企業側が積極的採用している時期に即転職活動ができるよう、転職活動をしない時期でも履歴書、職務経歴書のアップデートをしておくべきです。

もしも転職したい気持ちはあるけれどキャリア経験が浅いために転職活動を躊躇しているMRの方がおりましたら、下記より無料会員登録後、山田創までご連絡ください。業務拡大に伴う増員目的の採用を実施している企業をご紹介できる可能性があります。

無料会員登録

■事業者の名称 株式会社カエル

■個人情報保護管理者 株式会社カエル

■個人情報の利用目的ご入力いただいた個人情報は、転職支援サービスの申込手続きを行うために利用します。

■個人情報の第三者提供についてご本人の同意がある場合、又は、法令に基づく場合を除き、今回ご入力いただいた個人情報は第三者に提供することはありません。

■個人情報の取扱いの委託について転進支援サービス申込に係わる個人情報を委託することはありません。

■開示対象個人情報の開示等および問合せ窓口ご本人からの求めにより、当社は本件にて取得した開示対象個人情報の利用目的の通知・開示・内容の訂正・追加または削除・利用の停止・消去(「開示等」といいます。)に応じます。開示等に関するお問合せはお客様相談窓口:kaerujjj@gmail.comまでご連絡ください。

■個人情報を入力するにあたっての注意事項ご入力いただいた個人情報に漏れや誤りがあった場合、転職支援サービス申込に係わる手続きができないこと、または、当社からお客様へご連絡ができないことがあります。

■その他本転職支援サービス申込の手続きに関し、本人が容易に認識できない方法(※)による個人情報の取得は行っておりません。※クッキー情報や、ウェブビーコン等による情報の取得、収集制定日 2020年3月1日

私がバイオベンチャーの内定を辞退した理由

私は外資系コンサルティングファームに転職する前、とあるバイオベンチャーより内定のオファーレターを受け取りました。そのオファーレターの条件を簡単に紹介しますと、

・月収:90万円/月
・インセンティブ:年収の20-30%
・RSU:300万円/年
・日当:0.3万円/日

でした。年収に概算すると1,500万円以上です。当時の年収が800万円程度でしたので、そのバイオベンチャーからは約2倍の年収を提示して頂きました。

このような高条件をバイオベンチャーから提示されたにも関わらず、結果として私が内定を辞退した理由はMRを続ける覚悟がなかったからに尽きます。

当時の私は20代でしたので、社名、学歴を利用したポテンシャル採用により、総合商社、コンサルティングファーム、優良ベンチャーをはじめとした業界へのキャリアップ転職の可能性があると考えておりました。

しかしながら、MRからMRの転職をした時点でその可能性は限りなくゼロになります。この現実を受け入れる覚悟が当時の私にはありませんでしたので、バイオベンチャーの内定を見送る決断をしました。

また、年収1,500万円のMRであるにも関わらず、バイオベンチャーでマネジメント経験ができる機会の少なさに対する不安もありました。

バイオベンチャーにおけるマネジメントポストの枠には限りがあり、その枠は会社が成長しない限り増えることがないからです。

バイオベンチャーの当時の時価総額は数千億円、国内製薬会社でいえばサンバイオ以上アンジェス未満の規模ですから、組織がいかに小さいか容易に想像できるでしょう。

また、バイオベンチャーの次のキャリアステップとして大手製薬会社のマネジメント職が考えられますが、流石にマネジメント経験のない人間に対して年収1,500万円以上のオファーを提示する可能性はかなり低いです。

以上のように、私は目先の年収よりも将来のキャリアの可能性に賭けて年収1,500万円のバイオベンチャーの内定を辞退しました。

今を振り返って、この決断が正しかったと自信を持って言えます。しかしながら、当時はめちゃめちゃ悩みました。なぜなら、年収が700万円以上も上がるわけですから。断れた自分、素直に凄いと思います。

もちろん、年収800万円も年収1,500万円も生活レベルが大きく変わらないことに気づいたのも事実です。年収900万円超えると、その超えた分の半分くらいを所得税、住民税で徴収されるので、手取りに直せば年間350万円の増額に過ぎないからです。

そして、セルジーン、ギリアドのようにバイオベンチャーが急成長すれば良いのですが、基本的にバイオベンチャーは10年以上も働ける場所ではありませんので退職金相当分の給料が年収に上乗せされて当然なのです。

話が逸れましたが、給料と同じくらいキャリアが拓ける可能性を重視しての転職は大切ですって話でした。もしも転職に関するご相談がございましたら、下記より無料会員登録後、私までご相談ください。

無料会員登録

■事業者の名称 株式会社カエル

■個人情報保護管理者 株式会社カエル

■個人情報の利用目的ご入力いただいた個人情報は、転職支援サービスの申込手続きを行うために利用します。

■個人情報の第三者提供についてご本人の同意がある場合、又は、法令に基づく場合を除き、今回ご入力いただいた個人情報は第三者に提供することはありません。

■個人情報の取扱いの委託について転進支援サービス申込に係わる個人情報を委託することはありません。

■開示対象個人情報の開示等および問合せ窓口ご本人からの求めにより、当社は本件にて取得した開示対象個人情報の利用目的の通知・開示・内容の訂正・追加または削除・利用の停止・消去(「開示等」といいます。)に応じます。開示等に関するお問合せはお客様相談窓口:kaerujjj@gmail.comまでご連絡ください。

■個人情報を入力するにあたっての注意事項ご入力いただいた個人情報に漏れや誤りがあった場合、転職支援サービス申込に係わる手続きができないこと、または、当社からお客様へご連絡ができないことがあります。

■その他本転職支援サービス申込の手続きに関し、本人が容易に認識できない方法(※)による個人情報の取得は行っておりません。※クッキー情報や、ウェブビーコン等による情報の取得、収集制定日 2020年3月1日

MRの転職先としてヘルステックベンチャーはありか?

MRからの異業種転職先の候補としてヘルステックベンチャーを志望するMRの方は多いのではないでしょうか?

たしかに、医療業界における営業経験を活かせする職種としてヘルステックベンチャーの営業職はおすすめです。

しかしながら、ベンチャー転職はリスクを負うわけですから、転職後に成功した暁にはリターンを得なければ意味がありません。

そのため、間違っても成長したいからという理由だけでヘルステックベンチャーへ転職してはいけません。

では、MRがヘルステックベンチャーへ転職する見返りとして何を求めるべきでしょうか?それは、

ストックオプション/ポジション

です。ストックオプションとは株主が自社株を一定の行使価格で購入できる権利です。

上場前のベンチャー企業は従業員に対して十分な給料を支払うキャッシュがありませんので、その代わりとしてストックオプションを配布します。

そして、ベンチャー企業が上場した暁にはストックオプションを換金することで大金を得ることができるのです。

もちろん、大金を得るためには受け取るストックオプションの比率が高くなければ意味はありません。

例えば、上場後のベンチャーの時価総額が100億円でストックオプション比率が0.05%の場合、ストックオプションは500万円程度です。

つまり、この程度のストックオプション欲しさに年収を下げてまで転職するのはリスクでしかないのです。

そのため、ヘルステックベンチャーの内定オファーでストックオプション配布が提示された場合、その比率は全株式の内の何%に該当するのか?調べるべきです。

次に、ヘルステックベンチャーに転職するからにはそれなりのポジションで入社するべきです。

なぜなら、大企業でもベンチャーでもソルジャーとして働く場合に得られる経験、ビジネススキルは何も変わらないからです。

そして、ベンチャーにおけるポジションは大企業以上に限りがあります。創業者をはじめ初期メンバーはストックオプション比率が高いため、上場前に辞める可能性が低いからです。

そのため、入社段階でポジションを確約しておかないと、一生辛酸を舐める可能性があるのです。なによりも、ポジションのない人にストックオプション比率が低いのは言うまでもありません。

以上の理由より、MRからの異業種転職先の候補としてヘルステックベンチャーを私は推奨しません。もしもヘルステックベンチャーで働きたいならば、まずはヘルステックカンパニーのナンバーワン企業であるエムスリーグループへ転職した後でも遅くありません。

むしろ、最近のヘルステックベンチャーの創業者、初期メンバーを見る限り、エムスリー出身者がかなり多いです。これは、ヘルステックベンチャーの中でエムスリーブランドが定着していると言っても過言ではないでしょう。

もしもヘルステックベンチャーへの転職にご興味あるMRの方は、下記より無料会員登録後、山田創まで一度ご相談頂けますと幸いです。

無料会員登録

■事業者の名称 株式会社カエル

■個人情報保護管理者 株式会社カエル

■個人情報の利用目的ご入力いただいた個人情報は、転職支援サービスの申込手続きを行うために利用します。

■個人情報の第三者提供についてご本人の同意がある場合、又は、法令に基づく場合を除き、今回ご入力いただいた個人情報は第三者に提供することはありません。

■個人情報の取扱いの委託について転進支援サービス申込に係わる個人情報を委託することはありません。

■開示対象個人情報の開示等および問合せ窓口ご本人からの求めにより、当社は本件にて取得した開示対象個人情報の利用目的の通知・開示・内容の訂正・追加または削除・利用の停止・消去(「開示等」といいます。)に応じます。開示等に関するお問合せはお客様相談窓口:kaerujjj@gmail.comまでご連絡ください。

■個人情報を入力するにあたっての注意事項ご入力いただいた個人情報に漏れや誤りがあった場合、転職支援サービス申込に係わる手続きができないこと、または、当社からお客様へご連絡ができないことがあります。

■その他本転職支援サービス申込の手続きに関し、本人が容易に認識できない方法(※)による個人情報の取得は行っておりません。※クッキー情報や、ウェブビーコン等による情報の取得、収集制定日 2020年3月1日

MR君を活用するMRを活用するエムスリー

2020年6月8日、エムスリー株式会社はアステラス製薬株式会社に対してエムスリーが提供するリモートディテーリングサービス「my MR君」を提供することを公表した。「my MR君」とは、日本の医師の9割にあたる28万人以上が登録する医療従事者専門サイト「m3.com」を活用し、MRの担当医師に対して自社医薬品の情報提供を実施するサービスである。

従来、エムスリーはグループ会社エムスリーマーケティングを通じて製薬会社のMRの情報活動をデジタル面で支援し、リアル面では製薬会社のMRが実施する併走形式であった。しかしながら、アステラス製薬は「my MR君」をアステラス製薬のMR100%が活用することを公表している。

このニュースを見た時、私は衝撃を受けた。なぜなら、製薬会社とエムスリーの立場が完全に逆転したからである。従来、製薬会社の医師に対する情報活動の主役はMR、脇役がMR君であったが、「my MR君」を機に情報活動の主役はMR君、脇役がMRに置き換わる。実情は分からないが、少なくともアステラス製薬の経営陣はそう判断したのである。

この結果、何が起きるか?それは、MRに求められる職務スキルの変化である。例えば、製薬会社の医師に対する情報活動をMRとMR君で比べると、ディティール回数はMRが200回/月に対してMR君は600回/月、担当医師はMRが100人に対してMR君は1,000人。

つまり、「my MR君」が導入された製薬会社のMRはディティール回数800回/月、担当医師1,100人分の仕事量を最低限こなす必要があるのだ。そうでなければ、従来の併走形式とは何も変わらない。

そして、エムスリーマーケティングは従来のMR君の仕事から「my MR君」を活用するMRのデジタル活用支援の仕事を担うのではないだろうか?そうでなければ、自社のプラットフォームである「m3.com」を顧客である製薬会社に開放する必要がない。

この大きな流れを考えると、製薬会社のMRの最終キャリアである営業所長、支店長のポストは減る可能性が高い。それならば、いち早くエムスリーグループへの転職を検討すべきであると私は考える。

無料会員登録

■事業者の名称 株式会社カエル

■個人情報保護管理者 株式会社カエル

■個人情報の利用目的ご入力いただいた個人情報は、転職支援サービスの申込手続きを行うために利用します。

■個人情報の第三者提供についてご本人の同意がある場合、又は、法令に基づく場合を除き、今回ご入力いただいた個人情報は第三者に提供することはありません。

■個人情報の取扱いの委託について転進支援サービス申込に係わる個人情報を委託することはありません。

■開示対象個人情報の開示等および問合せ窓口ご本人からの求めにより、当社は本件にて取得した開示対象個人情報の利用目的の通知・開示・内容の訂正・追加または削除・利用の停止・消去(「開示等」といいます。)に応じます。開示等に関するお問合せはお客様相談窓口:kaerujjj@gmail.comまでご連絡ください。

■個人情報を入力するにあたっての注意事項ご入力いただいた個人情報に漏れや誤りがあった場合、転職支援サービス申込に係わる手続きができないこと、または、当社からお客様へご連絡ができないことがあります。

■その他本転職支援サービス申込の手続きに関し、本人が容易に認識できない方法(※)による個人情報の取得は行っておりません。※クッキー情報や、ウェブビーコン等による情報の取得、収集制定日 2020年3月1日

エムスリーマーケティングの転職面接に合格する5つの秘訣

エムスリーマーケティングへの転職を希望するMRの方々が増えております。なぜなら、新型コロナウィルス感染拡大を機に、エムスリーマーケティングをはじめエムスリーグループが製薬会社のMRが担っていた仕事の代わりをしているからです。

そのため、このトレンド転換にいち早く気づいた製薬会社のMR方々は、エムスリーマーケティングのメディカルマーケター職の中途面接に応募しております。しかしながら、製薬会社のMRに求められるコンピテンシーとエムスリーマーケティングのメディカルマーケターに求められるコンピテンシーは異なるため、書類に通過したにも関わらず面接で不合格になるMRの方々が後を絶ちません。

MRとしてのコンピテンシーをメディカルマーケターの面接の場でPRしても、それは処方権のない研修医に処方依頼をしている行為と何も変わらないからです。

また、面接の場でコンピテンシー確認をする面接官がMR出身者の方であればある程度の理解が得られるのですが、エムスリーグループの面接官は外資系コンサルティングファーム出身者である場合が多いです。そのため、MRとして優秀な人物であってもメディカルマーケターとしては優秀な人物に成長しそうにないと判定され面接に不合格になるのです。これは

MOTTAINAI

そこで、本記事ではエムスリーマーケティングの転職面接に合格する5つの秘訣をご紹介します。エムスリーマーケティングの選考前にこの秘訣を知り、その秘訣に基づいた対策を実践することでエムスリーマーケティングの選考通過率が向上するでしょう。

なお詳細につきましては、無料会員登録頂いたMRの方々にのみご紹介させて頂いておりますので、もしも本記事の内容で物足りないと感じたMRの方々は絶対に後悔させませんので無料会員登録をお願い致します。

エムスリーマーケティングの選考フロー

エムスリーマーケティングの選考フローはES、筆記試験、1次面接、2次面接の4段階があります。新型コロナウィルスの感染拡大以降、面接はWEBで実施されており、1日で完結するケースもあるようです。

※なお、本情報は2020年5月時点の情報になりますので、最新情報を知りたい方は無料会員登録後、弊社転職エージェントまでお問い合わせください。

エムスリーマーケティングのES(エントリーシート)

エムスリーマーケティングのESで通過する前提条件として、以下があります。

・MR経験
・年齢

MR経験は2年以上、年齢は20代〜30代前半が原則です。また、必要な書類は、履歴書・職務経歴書の2種類のみで、形式については特に指定ありません。

※なお、 本情報は2020年5月時点の情報になります 。
また、エムスリーに評価されやすい職務経歴書の具体的な書き方を知りたい方は無料会員登録後、弊社転職エージェントまでお問い合わせください。

エムスリーマーケティングの筆記試験

エムスリーマーケティングの筆記試験を通過するためには

・SPI(テストセンター)

の対策が重要です。エムスリーマーケティングの仕事ではロジカルシンキングや定量分析等、知的生産性が高い仕事ですので、最低限の基礎学力がSPIで試されます。

※なお、本情報は2020年5月時点の情報になりますので、最新情報を知りたい方は無料会員登録後、弊社転職エージェントまでお問い合わせください。

エムスリーマーケティングの面接

エムスリーマーケティングの面接を通過するためには

・志望動機
・自己PR(成功体験・長所短所、等)
・フェルミ推定
・思考力テスト、等

に関する質問への準備が必要です。エムスリーの面接はハードであることでよく知られており、エムスリーが特に面接で重視するポイントをふまえた徹底的な対策が必要です。

※なお、本情報は2020年5月時点の情報になります。また、エムスリーに特化した面接対策に興味のある方は、
無料会員登録後、弊社転職エージェントまでお問い合わせください。

エムスリーマーケティング内定者の特徴

エムスリーマーケティングの中途面接では、

・20代〜30代前半

の方々が合格しやすい傾向にあります。一方で、出身大学、出身企業は合否には大きくは影響しないようです。

無料会員登録

■事業者の名称 株式会社カエル

■個人情報保護管理者 株式会社カエル

■個人情報の利用目的ご入力いただいた個人情報は、転職支援サービスの申込手続きを行うために利用します。

■個人情報の第三者提供についてご本人の同意がある場合、又は、法令に基づく場合を除き、今回ご入力いただいた個人情報は第三者に提供することはありません。

■個人情報の取扱いの委託について転進支援サービス申込に係わる個人情報を委託することはありません。

■開示対象個人情報の開示等および問合せ窓口ご本人からの求めにより、当社は本件にて取得した開示対象個人情報の利用目的の通知・開示・内容の訂正・追加または削除・利用の停止・消去(「開示等」といいます。)に応じます。開示等に関するお問合せはお客様相談窓口:kaerujjj@gmail.comまでご連絡ください。

■個人情報を入力するにあたっての注意事項ご入力いただいた個人情報に漏れや誤りがあった場合、転職支援サービス申込に係わる手続きができないこと、または、当社からお客様へご連絡ができないことがあります。

■その他本転職支援サービス申込の手続きに関し、本人が容易に認識できない方法(※)による個人情報の取得は行っておりません。※クッキー情報や、ウェブビーコン等による情報の取得、収集制定日 2020年3月1日

転職エージェントの選び方

私が転職エージェント会社を創立した理由は、MRから外資戦略コンサルタントへ転職する時にお世話になった転職エージェントの方のおかげで

人生が変わった

からです。私が転職活動を始めた時、いわゆる転職サイト大手のA社、B社、C社全てを登録しました。なぜなら、求人案件を持ってさえいればどの転職エージェントでも違いはないと考えていたからです。

しかしながら、この考えを転職エージェント登録後の1ヶ月後に改めました。それは、A社、B社、C社の転職エージェントが私の志望する外資戦略系コンサルティングファームの内定を獲得した経験のない担当者でしたので、転職面接に合格するための有益な情報を得ることができなかったからです。

それなら、志望企業のHPより転職面接に直接申し込んだ方が志望企業が転職エージェントに支払うフィーも節約できるのでは?とも考えました。そこで、転職エージェントを活用するなら、私が志望する外資戦略系コンサルティングファームで働いた経験のある人が転職エージェントを担う会社に登録しようと決めたのです。その結果は、

大成功

でした。なぜなら、志望動機、自己PRが志望企業が求めている内容と合致してるか?を含めたES添削、フェルミ推定をはじめ事前対策が必要な面接のトレーニングを無料で提供してくれたからです。

何よりも、合格可能性が低いために他社からは紹介してもらえなかった未経験者に対する外資系戦略コンサルタントの求人案件を紹介してくれたことは、自分の将来の可能性を広げてくれたという意味で非常に感謝しております。

以上の背景より、転職活動で転職エージェントを活用する場合、その転職エージェントが転職者を企業に紹介する成約率を上げるためにどのプロセスを重視しているのか?見極めるべきです。

そして、成約率を上げるために企業に紹介する転職者の数を重視する転職エージェントの利用は避けるべきです。具体的には、とりあえず職務経歴書・履歴書を企業に出してもいいか?その同意を取得することばかりを考える転職エージェントです。

反対に、成約率を上げるために転職者の選考通過率を重視する転職エージェントを利用しましょう。具体的には、志望企業出身の転職エージェント、ES添削、面接対策を積極的に提供する転職エージェントです。

なぜなら、前者は企業に紹介する転職者の”量”を重視しておりますが、後者は企業に紹介する転職者の”質”を重視することで成約率を上げているからです。当然、転職者は後者の転職エージェントを選ぶべきです。

特に、エムスリーのように面接官が外資系コンサルティングファーム出身者、面接でフェルミ推定が出題される企業を選考する場合、転職エージェント選びにより選考通過率に差が出ると言っても過言ではありません。

無料会員登録

■事業者の名称 株式会社カエル

■個人情報保護管理者 株式会社カエル

■個人情報の利用目的ご入力いただいた個人情報は、転職支援サービスの申込手続きを行うために利用します。

■個人情報の第三者提供についてご本人の同意がある場合、又は、法令に基づく場合を除き、今回ご入力いただいた個人情報は第三者に提供することはありません。

■個人情報の取扱いの委託について転進支援サービス申込に係わる個人情報を委託することはありません。

■開示対象個人情報の開示等および問合せ窓口ご本人からの求めにより、当社は本件にて取得した開示対象個人情報の利用目的の通知・開示・内容の訂正・追加または削除・利用の停止・消去(「開示等」といいます。)に応じます。開示等に関するお問合せはお客様相談窓口:kaerujjj@gmail.comまでご連絡ください。

■個人情報を入力するにあたっての注意事項ご入力いただいた個人情報に漏れや誤りがあった場合、転職支援サービス申込に係わる手続きができないこと、または、当社からお客様へご連絡ができないことがあります。

■その他本転職支援サービス申込の手続きに関し、本人が容易に認識できない方法(※)による個人情報の取得は行っておりません。※クッキー情報や、ウェブビーコン等による情報の取得、収集制定日 2020年3月1日

製薬会社のMRとエムスリーのメディカルマーケターの違い

最近、MRの方々よりエムスリーマーケティングへの転職相談を受ける中でよく頂く質問が

製薬会社のMRとエムスリーマーケティングのメディカルマーケターは何が違うのか?

です。たしかに、製薬会社のMRとエムスリーマーケティングのメディカルマーケターの仕事内容は重複する部分があるため、同じ仕事の印象を受けるのでしょう。

しかしながら、製薬会社のMRとエムスリーマーケティングのメディカルマーケターの仕事は
違います。もしも全く同じ仕事なら、給料の視点より製薬会社のMRを絶対に続けるべきです。

そこで、本記事では製薬会社のMRとエムスリーマーケティングのメディカルマーケターの違いを仕事内容、給料、勤務地、キャリア(市場価値)の視点よりご紹介します。

MRとメディカルマーケターの仕事内容

ご存知の通り、製薬会社のMRの仕事内容は自社医薬品の売上を最大化させるため、担当顧客である医師との対面面談を通じ、医薬品に関する情報提供をすることです。

一方、エムスリーマーケティングのメディカルマーケターの仕事内容は、担当する製薬会社の医薬品の売上を最大化させるため、担当顧客である医師とのWEB面談を通じ、医薬品に関する情報提供をすることです。

そして、m3.comをはじめエムスリーのデジタルツールを活用しSTP(セグメンテーション/ターゲティング/ポジショニング)、チャネル/コンテンツ施策等。いわゆるマーケティングの業務を行います。その過程で、アンケート設計や定量分析等を通して、仮説構築→検証のサイクルを繰り返していきます。

エムスリーマーケティングのメディカルマーケターは、製薬会社のMRとは違い、車を運転する時間、医師を待つ時間がありませんので、その代わりに上記活動も加わります。

MRとメディカルマーケターの給料

ご存知の通り、製薬会社のMRの給料はいいです。福利厚生込みで、35歳で年収1,000万円以上の生活水準を送れるのが平均値でしょう。

一方、エムスリーマーケティングのメディカルマーケターの給料は、転職時の面接評価、昇進スピード、ボーナスによって様々なので一概にはいえませんので、詳しくは無料会員登録後山田創までご相談ください。

MRとメディカルマーケターの勤務地

ご存知の通り、製薬会社のMRは全国勤務です。北は北海道、南は沖縄まで、どこで働くか?は支店長のみぞ知ります。そして、5年に1回の頻度で転勤があります。

一方、エムスリーマーケティングのメディカルマーケターの勤務地は東京港区の赤坂です。基本的に、エムスリーグループはすべて本社ですので一生東京勤務になります。

しかし、グループ会社の事業責任者等に抜擢された場合、その限りではありません。アメリカ、中国を含む東京以外の勤務地で働くことになります。

MRとメディカルマーケターのキャリア(市場価値)

ご存知の通り、製薬会社のMRのキャリアはMR→リーダー→営業所長→支店長です。稀に、MRからマーケティング、ファイナンス、サプライチェーンのキャリアが歩む場合がありますが、『社内異動を希望するMRが社外異動をするべきたった1つの理由』で記述した通り、MRからの社内異動を叶えられる確率は数%です。そのため、基本的にMRで始まりMRで終えます。

一方、エムスリーマーケティングのメディカルマーケターのキャリアはいい意味で未知数です。 私の知る限り、エムスリーマーケティング→エムスリー・プロダクトマネージャー、アクセンチュア・コンサルタント、製薬会社・デジタルマーケティング等です。

MRとメディカルマーケターのまとめ

以上のように、製薬会社のMRとエムスリーマーケティングのメディカルマーケターの違いを仕事内容、給料、勤務地、キャリア(市場価値)の視点で考えますと、似て非なるものです。

そもそも、MRは薬を創薬する製薬会社の営業であり、メディカルマーケターは医療ビッグデータを構築するヘルステックカンパニーの営業・マーケターなので違うのは当然です。

今回ご紹介した4つの視点を参考に、転職活動のための企業分析を実施してみてください。また、ご相談ございましたら下記より無料会員登録後、山田創までご連絡ください。

無料会員登録

■事業者の名称 株式会社カエル

■個人情報保護管理者 株式会社カエル

■個人情報の利用目的ご入力いただいた個人情報は、転職支援サービスの申込手続きを行うために利用します。

■個人情報の第三者提供についてご本人の同意がある場合、又は、法令に基づく場合を除き、今回ご入力いただいた個人情報は第三者に提供することはありません。

■個人情報の取扱いの委託について転進支援サービス申込に係わる個人情報を委託することはありません。

■開示対象個人情報の開示等および問合せ窓口ご本人からの求めにより、当社は本件にて取得した開示対象個人情報の利用目的の通知・開示・内容の訂正・追加または削除・利用の停止・消去(「開示等」といいます。)に応じます。開示等に関するお問合せはお客様相談窓口:kaerujjj@gmail.comまでご連絡ください。

■個人情報を入力するにあたっての注意事項ご入力いただいた個人情報に漏れや誤りがあった場合、転職支援サービス申込に係わる手続きができないこと、または、当社からお客様へご連絡ができないことがあります。

■その他本転職支援サービス申込の手続きに関し、本人が容易に認識できない方法(※)による個人情報の取得は行っておりません。※クッキー情報や、ウェブビーコン等による情報の取得、収集制定日 2020年3月1日

それでもMRがWEB面談をすべき理由

新型コロナウィルス感染拡大の影響により、MRの営業が対面からWEB面談形式へ移行しております。この移行に対して

医療機関に迷惑がかかるのでWEB面談はしない

と考えるMRの方がいらっしゃいますが、それは自分の首を自分で締めている行為に等しいです。なぜなら、MRの存在意義を決めるのはMRでもなく、医療機関でもなく、MRの雇用主である経営者だからです。そして、経営者がMRの存在意義を意思決定する時に参考にする指標が

MRの活動回数

です。例えば、製薬会社の経営者がMRの適正人数を決める時、下記のようなマトリクスを参考にします。

このマトリクスは、縦軸が医薬品の売上、横軸がMRの活動回数を示しており、4象限に分類されます。

①MRの活動回数が増加し、医薬品の売上が増加する

②MRの活動回数が増加し、医薬品の売上が減少する

③MRの活動回数が減少し、医薬品の売上が減少する

④MRの活動回数が減少し、医薬品の売上が増加する

この4象限の内、経営者がMRの存在意義を肯定するのは①のみです。つまり、新型コロナウィルス感染拡大の環境下であっても、活動回数を増加させない限りMRは自身の存在意義を肯定することができないのです。

また、③もMRの存在意義を肯定するように思えますが、減少したMRの活動回数に比例して医薬品の売上が減少することはありません。良くも悪くも医薬品は必需品ですから。

また、売上高が既に下落している医薬品がありますが、その原因は新型コロナウィルス感染拡大の影響により患者が医療機関を訪問しなくなったからという明確な理由があります。そのため、”MRの活動回数が減少したから医薬品の売上が減少した”という証明をするには無理があるのです。

以上より、医療機関に迷惑がかかるのでWEB面談をしないMRは自分の存在意義を否定してるも同然です。この環境下、MRの活動回数を増加させることがいかに無理があるか?元MRの私には分かります。

しかしながら、MRが不要かどうかを判断するのはMRの雇用主である経営者ですので、経営者にMRの存在意義を示すためにも”MRの活動回数が増加させ、医薬品の売上が増加させる”仕事をするしかありません。その仕事とは何か?考えることを楽しみましょう。

MRにMBAは必要ない

MRの方がMBA(国内、通信MBA)を取得する目的がわかりません。なぜなら、MRの方がMRとしてキャリアアップを狙うのであればMBAは必須要件ではありませんし、異業種を狙うのであればMBAの費用を支払うよりも一時的な年収ダウンを許容し、その職種のキャリアを積んだ方が圧倒的に費用対効果が高いからです。

MRの最大のメリットは楽して年収1000万円を稼げる職種であり、このメリットを享受する代償としてMR以外の職種へのキャリアチェンジが叶わなくなるのです。

そのため、MRとして稼いだお金をMR以外の職種を目指すため、MBAなどにお金を支払うのはお金も時間ももったいないです。もしもこの行為が将来に対する不安から来るものであれば、MRとして稼いだお金すべてをバンガードS&OP500インデックスあたりにぶち込むことで解決するでしょう。

投資ではなく、MR以外の職種へキャリアチェンジすることで将来に対する不安をなくしたいのであれば、MBAの授業料分の年収ダウンを許容した転職をすればいいのではないでしょうか。

もしもMRから社内異動でキャリアチェンジを狙うための手段としてMBA取得を目指しているのであれば、それには無理があります。なぜなら、製薬会社の本社ポジション枠はそのポジション経験のあるキャリア、または人材育成目的でMRを経験する新人のために用意されているからです。

これら人材とポジション枠を奪う競争で勝つために、MBAを持っているだけでMRが競争に勝つことはありません。なぜなら、実践的なスキル・経験はキャリアに勝てないですし、ポテンシャル評価はMBAホルダーよりも新卒に軍配が上がるからです。もちろん、MBAの中でも欧米のトップスクールであれば別ですが。

そのため、MRを続けながらMBAを取得しているMR、取得しようとするMRの方は今一度MBAを取得する目的を考えてみてください。

そして、もしもその目的が将来の不安を解消するキャリアチェンジのための手段としてのMBAであるならば、その授業料分の年収ダウンを許容し、マネージャー職がトップコンサルティングファーム出身者であるエムスリーのような企業で働く方が、MBAで学ぶよりもはるかに実践的な知恵が身につきます。MBAに数百万円を支払う前に、下記より無料会員登録後、山田創までご相談ください。

無料会員登録

■事業者の名称 株式会社カエル

■個人情報保護管理者 株式会社カエル

■個人情報の利用目的ご入力いただいた個人情報は、転職支援サービスの申込手続きを行うために利用します。

■個人情報の第三者提供についてご本人の同意がある場合、又は、法令に基づく場合を除き、今回ご入力いただいた個人情報は第三者に提供することはありません。

■個人情報の取扱いの委託について転進支援サービス申込に係わる個人情報を委託することはありません。

■開示対象個人情報の開示等および問合せ窓口ご本人からの求めにより、当社は本件にて取得した開示対象個人情報の利用目的の通知・開示・内容の訂正・追加または削除・利用の停止・消去(「開示等」といいます。)に応じます。開示等に関するお問合せはお客様相談窓口:kaerujjj@gmail.comまでご連絡ください。

■個人情報を入力するにあたっての注意事項ご入力いただいた個人情報に漏れや誤りがあった場合、転職支援サービス申込に係わる手続きができないこと、または、当社からお客様へご連絡ができないことがあります。

■その他本転職支援サービス申込の手続きに関し、本人が容易に認識できない方法(※)による個人情報の取得は行っておりません。※クッキー情報や、ウェブビーコン等による情報の取得、収集制定日 2020年3月1日